ソーシャルレンディングの案件のレポートします

アナリストとしてソーシャルレンディングの案件のレポートをします。

移転先です

aburemon-rending.blogspot.jp

 

まだ工事中ですが、とりあえずお知らせします。

ブログを移転します

ただ今ブログを移転のために移転先を工事しています。まだ工事中の為工事が終わり次第こちらで告知します。

 

はてなブログSEOに強いという評判でしたが、自分には他と変わりが無く商業目的には向いていないから、利用は止めることにしました。使い道ができれば利用を再開しますが、新しい使い道は見つかりそうにないです。

事業支援型ローンファンド 第10号

www.smartlend.jp

こちらは保証会社の保証が無いということで、少しはリスクが高いです。まず事業者Iはクレジット会社で、加盟店数約500店舗もあればすぐには倒産とかならないと思えますが、加盟店が廃業や離脱で減少する場合もあり、それによってクレジットの利用者が減少する場合があります。また他の融資先で貸し倒れが発生する場合もあり、エステの回収が高いからと言って安心はできないです。実質自己資本比率は約50%と書いてあるけど、会社の自己資本比率かクレジットの融資額の自己資本比率のどちらかかと考えたら、会社の方でしょう。実質を付けるほどですから、自己資本比率としては50%を切っていると考えられます。

 

保証会社の審査が通るほどですから、安全性は高いと思います。ただ返済の保証を考えたら、保証有りのファンドの方に出資をした方がいいのじゃないかと思えます。

 

評価としては安全性の高さから4にします。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

【保証会社付き】あんしんファンド 第20号のレポートをアップしました

lending.oneinvest.jp

 

実に失敗です。全然怪しくない案件でした。保証会社ってホントは保証していないだろうと勘ぐったけど、調べたら保証していました。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

太陽光発電ファンド70号

70号まで来た太陽光発電ファンドですが、利回りが5.9%と前回よりも下がっています。これは貸し付け利率を引き下げたというよりも、クラウドバンクの取り分を増やしたと思われます。自分がSBISLで出資しているファンドですが、SBISLが取り分を減らしてくれたおかげで利回りが上昇しました。この逆をクラウドバンクが行ったと。

 

取り分を増やしたと思う理由ですが、金融庁から行政処分を受けて収益が悪化したから、取り分を増やす必要が出てきたということです。ただ取り分を増やしたのなら既存のファンドも取り分を増やす可能性が高く、自分はクラウドバンクの取り扱うファンドに出資していないから、クラウドバンクからのアナウンスが無くてわかりません。新規のファンドだけかもしれないから、これはクラウドバンクの気分次第と言ったところです。

 

どっちにしろ借り手側の状況は改善されていなくて、利率が下がってますます出資できないファンドになったという感じです。この利率ならもっとまともなファンドがありますから、そちらへの出資をすべきです。

>にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

不動産担保付きローンファンド605号(案件1:C社、案件2:AN社)のレポートをアップしました

lending.oneinvest.jp

 

maneo も意外と怪しい案件を出してくれるので、アナリストとしてレポートのやり甲斐があります。出資する側として分配金と出資した分が無事戻ってくれば、いくら金融庁から行政処分を受けようと構わないというところです。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

【第二弾】成立ローン30億円 突破記念ローンファンド4号のレポートをアップしました

lending.oneinvest.jp

 

小額で事業規模拡大ということで評価は高めです。年商5千万円だと企業規模が小さく感じられますが、市場調査は大きな設備投資とかも無く、売り上げが小さくても利益を出せる事業だと思っています。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村