ソーシャルレンディングの案件のレポートします

アナリストとしてソーシャルレンディングの案件のレポートをします。

太陽光発電ファンド70号

70号まで来た太陽光発電ファンドですが、利回りが5.9%と前回よりも下がっています。これは貸し付け利率を引き下げたというよりも、クラウドバンクの取り分を増やしたと思われます。自分がSBISLで出資しているファンドですが、SBISLが取り分を減らしてくれたおかげで利回りが上昇しました。この逆をクラウドバンクが行ったと。

 

取り分を増やしたと思う理由ですが、金融庁から行政処分を受けて収益が悪化したから、取り分を増やす必要が出てきたということです。ただ取り分を増やしたのなら既存のファンドも取り分を増やす可能性が高く、自分はクラウドバンクの取り扱うファンドに出資していないから、クラウドバンクからのアナウンスが無くてわかりません。新規のファンドだけかもしれないから、これはクラウドバンクの気分次第と言ったところです。

 

どっちにしろ借り手側の状況は改善されていなくて、利率が下がってますます出資できないファンドになったという感じです。この利率ならもっとまともなファンドがありますから、そちらへの出資をすべきです。

>にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村