ソーシャルレンディングの案件のレポートします

アナリストとしてソーシャルレンディングの案件のレポートをします。

事業支援型ローンファンド 第10号

www.smartlend.jp

こちらは保証会社の保証が無いということで、少しはリスクが高いです。まず事業者Iはクレジット会社で、加盟店数約500店舗もあればすぐには倒産とかならないと思えますが、加盟店が廃業や離脱で減少する場合もあり、それによってクレジットの利用者が減少する場合があります。また他の融資先で貸し倒れが発生する場合もあり、エステの回収が高いからと言って安心はできないです。実質自己資本比率は約50%と書いてあるけど、会社の自己資本比率かクレジットの融資額の自己資本比率のどちらかかと考えたら、会社の方でしょう。実質を付けるほどですから、自己資本比率としては50%を切っていると考えられます。

 

保証会社の審査が通るほどですから、安全性は高いと思います。ただ返済の保証を考えたら、保証有りのファンドの方に出資をした方がいいのじゃないかと思えます。

 

評価としては安全性の高さから4にします。

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村